基礎代謝を上げるには?

同じ仕事場の人との関わりの中でのストレスで、最近は、自分でブレーキがかけられないくらいの食欲が湧いて、めちゃくちゃ食べています。

頬にも顎にも二の腕や、お腹周りにも、お肉がついてぷよぷよで、何とか体重を減らしたいなと思うのですが、なかなか、体を動かす暇がありません。

こんなタイミングで、あまり苦労しないで痩せられる薬が、存在したらいいのになって思います。

苦労しないで、体重を減らせる薬があるのなら、1万でも2万でも、支払ってもいいなと思っていますね。

そんな風に思うくらい切実です。

ダイエットしている間、どうしても甘い物を食べたい欲求にかられた時に口にする食べ物は、ずっと昔から寒天です。

これは、その時の気分で味付けを変えられるので、全く飽きません。

特別、缶詰みかんが入った牛乳寒天と、さいの目に切った味なし寒天にふんだんにきなこをまぶしてちょっぴりくろみつをかけたものが気に入っています。

歳に伴いだんだんと体がたゆんできました。

痩せるためには運動と食事のコントロールが一番だとは思いつつなかなか時間が確保できずに実行に持っていけませんでしたがこの間、久方ぶりに体重計にのってみてはっとしたんです。

第一に無理なく運動をするために、毎日の移動手段を歩きにすることから始めてみました。

これで多少でも痩せると嬉しいです。

自分の生命をいじするための最低限のエネルギーを測ることは大切だと考えられています。

なぜならば、自分の基礎代謝量の知識なしでは、どのくらいカロリーを摂取すべきなのか把握することはすることはできないからです。

例えば、若い頃のように無理してダイエットするのが年齢の関係で体力的に厳しくなった分、常時冷静に数値を見つめていたいと思う日々です。

元々基礎代謝量が高い人が、ダイエットには具合が良いです。

椅子に腰掛ける時に背もたれを使わず可能な限り、背筋を伸ばすようにやったり、歩き方を少しだけでも気をつけたりするだけでも、基礎代謝を上げることができます。

着座や歩き方が綺麗なれば、女性としてもプラスになります。

是非頑張ってみてください。

普通、基礎代謝の平均値は20代以降から徐々に減っていくものです。

これは成長期の終了によって代謝量が安定しだしたことと、運動量の減少のために筋肉量も、同じように徐々に低下しているためです。

30代を過ぎ中年に差し掛かるといつのまにか太りやすくなっているのはこういうわけなのです。

ダイエットでよく行われている有酸素運動ですが、とても効果的な心拍数を理解することによってあなた自身の効率よくエネルギーを消費して、脂肪の燃焼を高めることが出来るのです。

あまり、無理に長い時間体を動かし続けるほどダイエットではなく、、特に激しい運動をすると筋肉に酸素が十分に行き渡らず、反対の効果になってしまいます。

ウォーキングすることによって痩せることの注意点は、歩く事を必ず40分以上する事です。

歩く事のような酸素を摂り入れる運動で、脂肪が燃焼するのは、始めてから約30分たってからです。

歩く事を10分や20分したくらいでは、脂肪は燃やされず、ダイエットのできばえかかなり薄くなってしまうので、気をつけましょう。

続きはこちら>>>>>加圧シャツで姿勢が良くなる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です